アドバンス通信 on WEB

ソーラーオーナーズ
インタビュー

村沢義久の
ソーラービジネス
最前線

開発現場から
とっておきの話

こだわりメンテナンス

小水力発電開発日記

ソーラーオーナーズ ソーラー分譲の購入者にインタビュー Vol.6

本物指向のユーザーの圧倒的な支持を得るアミノ酸サプリメント「MUSASHI」や、環境や人、地球上のすべてにやさしい純植物性洗浄液「SAFECARE」シリーズなどを世に送り出すインフィニティ株式会社。
今回は、ソーラー分譲を購入された同社社長のデビッド・チェンバーランドさん、
そしてアドバンスの渋谷社長の対談をお届けします。

見事に共通する企業としての考え方

両社は、企業の姿勢に共通する部分がありますね。
渋谷社長
お話してみてびっくりしたんですが、当社は東日本大震災を契機に、何か自分の「使命感」に従ってビジネスをやりたいと考えたところから、太陽光発電事業をスタートしています。その使命というのは、二酸化炭素の排出問題と、都市と地方の経済格差をいかに縮めるかという2点。ただ、いくらきれいごとを並べても、会社として利益があって初めてそれをシェアできる。当社は、ビジネスの根本に「お客様の目線」を置いて、しっかり利益を出して行くことを目指しています。
チェンバーランド社長
私はビジネスを、「人生」として捉えています。そして、その人生が自分だけではなく、すべての人のためになるように、という意識でいます。どんなことでも、まず全ての人のためになっているのか、という基準で判断しているんです。そのような考えから、当社が事業を行うにあたって気をつけているのは、"専門家"にならない、ということ。自己中心的かつプライドの固まりである専門家ではなく、いつまでも普通の人の感覚であることが大事だと考えています。

太陽光発電事業への投資判断のポイントとは?

インフィニティさんが、太陽光発電事業への投資を検討されたのはなぜですか?
チェンバーランド社長
おかげさまで、平成5年の創業以来事業は順調で、昨年は大きな利益を出す事ができました。そして、莫大な税金も納めました。ところが、税務署はさらに徴収するべくアプローチしてくる(苦笑)。そこで、銀行にアドバイスをお願いして、アドバンスさんをご紹介いただいたのです。
それまで太陽光発電には興味はなかったのですか?
チェンバーランド社長
いえ、丁度興味を持って自分でも調べ始めていた時期でした。ただ、感じたのは"一番肝心な部分で、十分納得できる会社がほとんどない"ということです。98%の会社が、取引をすれば必ず当社がなんらかの被害を被ることになるだろう、という印象でした。その肝心な部分というのは、「メンテナンスは誰が保証するのか?」ということ。実は、最初にある総合金融会社から紹介された別の会社も、保証は最初の10年だけ。「後の10年は誰が保証してくれるんですか?」と聞くと、「保険はかけられますから」とはっきりしない回答。そもそも誰がメンテナンスを保証してくれるのかが不明瞭なままでは納得できません。聞くと、他の取引先は、利回りや100%償却できることのみに重点を置いていて、そこまで先のことは考えていないようでした。
渋谷社長
嬉しかったのは、あらかじめお渡しした当社の資料に、デビッド(チェンバーランド)社長が、マーカーを引いてくれていたこと。しかも、その引かれた部分というのが、当社がこだわり抜いて決めたところばかりで、例えば「基本的に保険は使わない」事だとか、「1/3は自社保有し、そこからメンテナンス費用を捻出する」こと、「風速強度を自社基準で50メートルに設定している」ことなど。どれも、先に申し上げた「お客様の目線」で、考え尽くして決めたことばかりだったんです。
チェンバーランド社長
たとえ利回りが良かったとしても、そこだけみても意味がない。アドバンスさんでは利回りが低い分、しっかりと20年間のメンテナンスが保証されています。それがわかった時点で即決です(笑)。

違いに納得したからこその即決

渋谷社長
当社のスピード感についても、アピールさせていただきました。万が一、トラブルがおこった際に、保険会社に任せていると、やれ査定だ見積りだとやっている間も発電は止まったまま。これはお客様にとっては、非常に大きな損害ですからね。
当初は、最初に紹介された別の会社とアドバンスに、半分ずつ投資するアイデアもあったとか?
渋谷社長
正直な話、うちとしてはそれでもよかった。なぜなら、違いがはっきり出るという確信があったからです。
チェンバーランド社長
確かに当初そういう検討もしましたが、当社としても、半分は損をするとわかっていてお願いするわけにはいきませんからね(笑)。
根本的な部分で考えが一致していることは、ビジネスパートナーとして本当に理想的ですね。今後の両社の関係がますます楽しみになりました。

プロフィール

(写真:左)インフィニティ株式会社 代表取締役社長 デビッド・チェンバーランド氏、(写真:右)株式会社アドバンス 代表取締役社長 渋谷 君美義 氏

(写真:左)

インフィニティ株式会社
代表取締役社長
デビッド・
チェンバーランド

損をするとわかっていて、他社にお願いするわけにはいきませんからね。

(写真:右)

株式会社アドバンス
代表取締役社長
渋谷 君美義

資料にマーカーが引いてあったのは、当社がこだわり抜いたところばかりでした。