アドバンス通信 on WEB

ソーラーオーナーズ
インタビュー

村沢義久の
ソーラービジネス
最前線

開発現場から
とっておきの話

こだわりメンテナンス

小水力発電開発日記

ソーラーオーナーズ ソーラー分譲の購入者にインタビュー Vol.5

東京都江東区に本社を持ち、鉄筋加工組立業を営む株式会社小黒組。代表取締役会長である内山聖さんとアドバンス代表取締役社長の渋谷が出会ったのは、今から30年ほど前のこと。今回のソーラーオーナーズは、そんな2人による対談形式でお届けします。

アドバンス設立には驚きました

内山会長
まるでかつてフジテレビで放送されていた「スター千一夜」のようですね(笑)。
渋谷社長
内山会長は私にとってスターのようなものですから(笑)。会長とのお付き合いは、30年ほど前に第一生命の協力会社の会である「一生会」でお会いしたことがはじまりでしたね。 私はまだまだ若造で、会長だった内山さんに色々なことをご指導いただきました。
内山会長
私はそろそろ引退を考えているんですけど、渋谷さんは息子さんに家業を譲って楽隠居かと思っていたら、すぐに新事業をはじめられたから、驚くとともに、さすが渋谷さんだと感心しましたよ。
渋谷社長
縁あって太陽光発電の業界に裸一貫で参入しました。会長が投資好きということは知っていましたから、 非常に堅い投資として、会長が船橋にお持ちの工場の屋根に太陽光パネルの設置を提案しました。売電価格も40円。南向きでアドバンスのシミュレーションより実際の発電も良かったですし、減価償却もできました。また、茨城県石岡の第1号分譲ソーラーも購入してくださいましたね。
内山会長
石岡の分譲ソーラーは、残りわずかなところでなんとか買うことができました。渋谷さんにはフットワークの軽さがある。思いついたらすぐにやる。でもって安売りはしない。いくら言われても一切まけない。「定価販売のアドバンス」。それでもお客さんに喜んでもらえる。もちろん私はそんなところも良く知ってますから、まけてくれなんて頼んだことは一切ないんですけどね(笑)。
渋谷社長
ありがとうございます(笑)。アドバンスの商品は、お客様目線で「自分なら買うかどうか」を基準にして作り上げました。決して安い商品ではありませんが、同じ方に何度も買っていただけるのは、良い商品である証だと自信を持っています。また、最後の撤去までしっかりと責任を持って考えての値段ですから、1円もまける事はありません。

責任を果たす行動に信頼が置けますね

内山会長
それに、渋谷さんは人の心をつかむのがうまい。私もつかまれた一人ですよ。
渋谷社長
光栄です。お客様のためになっているか、社会に貢献しているか、そして社員の幸せに寄与しているか、ということは、いつも心に留めています。
内山会長
だからこそ、敵が少ないんですね。
渋谷社長
太陽光発電事業はなかなか保険会社が請け負ってくれないのですが、アドバンスの事業は請け負ってくれるんです。アドバンスは、何か問題が発生すればすぐに点検・修理します。また、最近は浅間山が噴火したり、突風が発生するなど、お客様が心配される事が立て続けに起こっていますが、アドバンスはすぐに点検を行って、必ずお客様にご連絡を差し上げています。
内山会長
確かに、群馬の突風被害も晩のニュースで聞いたと思ったら、翌日の朝には異状なしの連絡が来てましたね。
渋谷社長
幸い災害による被害はなく、事なきを得ています。
内山会長
安心・安全は大事です。聞かれてから対処するのではなく、聞かれる前にキチンと責任を果たす。その行動や姿勢が信頼となって、次につながっていくんですね。

お互いに学び高め合える関係です

内山会長
アドバンスは太陽光だけでなく、水力や地熱などにも力を入れようとしているみたいですね。そして、自分たちだけが儲かるのではなく、施設のある地域の自治体が潤う仕組みを考えている。自治体からお金を引っ張ることは多くの企業が行っているけど、逆に自治体を儲けさせようなんてなかなか考えつかないですよ。
渋谷社長
今、地方が疲弊しています。アドバンスは福島県の5市町村と話し合い、経済産業省とも連絡を密にしながら、新たな事業を具現化していきます。そして、未来に良いものを残したいと思っています。
内山会長
福島だけでなく、東北の各県をはじめ、困っている自治体はたくさんありますね。
渋谷社長
もちろん、福島だけでなく東北各県、そして全国に展開していく予定です。業態としては代理店を作っていくのですが、本部だけが儲かるフランチャイズではなく、各支店に十分な利益が出るような仕組みにしていきます。全ての関係者に利益が分配されないのでは、社会貢献はできないと思っているんです。
内山会長
大学を卒業して会社に入ったとき、「自分の将来のためのお師匠さんを3人作れ。そのあとは誰かのお師匠さんになれるように身を正して生きろ」と教えてもらった。そして、お師匠さん達にはありとあらゆることを学ばせてもらいました。でも、もうみんな鬼籍に入ってしまいましてね。実は、渋谷さんのことを4人目のお師匠さんだと思っているんですよ。渋谷さんにはいつも周りへの気遣いがあるんですね。私達はお互いの姿を見て啓蒙しあえる関係ですし、同じ目線で話ができて、その中に新しい発見もある。仕事でもプライベートでも良い付き合いをさせていただいているのは、そういうことだと思うんです。
渋谷社長
ありがとうございます。今、太陽光発電業界は淘汰の時代へと突入しています。値段で勝負するのではなく、アドバンスは日本一のサービスで勝負しています。会長も引退なんておっしゃらないで、生涯現役でこれからも色々と教えていただければ幸いです。本日はお忙しい中、時間を取っていただき、ありがとうございました。

プロフィール

(写真:左)株式会社小黒組 代表取締役会長 内山 聖 氏、(写真:右)株式会社アドバンス 代表取締役社長 渋谷 君美義 氏

(写真:左)

株式会社小黒組
代表取締役会長
内山 聖

きちんと責任を果たす。
それが信頼につながるんですね。

(写真:右)

株式会社アドバンス
代表取締役社長
渋谷 君美義

アドバンスの事業を通して
地域社会に貢献したいんです。