アドバンス通信 on WEB

ソーラーオーナーズ
インタビュー

村沢義久の
ソーラービジネス
最前線

開発現場から
とっておきの話

こだわりメンテナンス

小水力発電開発日記

ソーラーオーナーズ 土地を提供してくださっている地主様にインタビュー Vol.4

アドバンスがソーラー分譲を手がけることができるのも、ご提供いただける土地があってこそ。
今回のソーラーオーナーズでは特別編として、
アドバンスに土地を提供してくださっている地主様にお話を伺いました。

昭和の頃からずっと抱えてきた問題が、アドバンスさんのお陰でやっと解決できたんです。

日本三大稲荷・笠間稲荷神社の門前町であり、また笠間城の城下町として栄えてきた茨木県笠間市にある「ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅰ」「ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅱ」の地主の方々をとりまとめ、アドバンスの社員から"茨城の実家"とまで呼ばれている野口様のお宅にお邪魔して、お話を伺いました。

長年の懸案が解決
係争地が太陽光発電用地に

アドバンスさんが太陽光パネルを設置する用地を探していて私の元に訪ねてこられたのは、2013年の6月のことでした。最初は少し違った場所を求めておられたようですが、人づてに笠間の土地をお知りになられたようです。あとは田舎のことですから、誰がどこの土地を持っていてどこに住んでいるかなんて、すぐにわかったと思います(笑)。

アドバンスさんが来てくれて本当に助かった、というのが私の想いなんです。現在『ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅰ』『ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅱ』が完成して順調に稼働を始めていますが、4町歩、4万平米のこの土地は、実は長らく係争地でした。

昭和51年のことになりますが、この場所に住宅団地を造り、大きな道路を通し、通学路も作る、大きな公民館も作って、スーパーも誘致してくるという構想があって、そのために地権者で協議会を作ったんです。私も地権者で、地権者を取りまとめる1人でした。

そして住宅会社に土地を売ったんですが、いつまでたっても住宅はおろか道路も作る気配がなかったんですね。畑作業をしないわけですから、どんどん荒れ地になり、大きな雑草が茂っていくんです。虫も湧きますし、火事の心配もあって気が気じゃなかった。しかも周辺からもさまざまなクレームが届くようになってしまったんです。そこでこれはおかしいんじゃないかということで、弁護士さんなどに間に入ってもらって土地を買い戻すことにしたんですね。それでもこれだけの土地を管理していくのはとても厳しいことです。もう畑に戻すこともできない状態でしたし……。そうして困っていたところに、アドバンスさんが訪ねてこられたんですね。

1人1人と徹底協議
今では"茨城の実家"に

なんと、アドバンスさんに、一括で用地を買っていただけるという話になった。あまりに都合が良いというかタイミングの良い話で、最初は半信半疑でした(笑)。それでも何度も足を運んでいただき、話を聞いていく中でアドバンスさんの土地取得への真剣さがわかったんです。そこで私も真剣に考えるようになり、アドバンスさんとともに、改めて地権者を取りまとめることにしたんです。地権者を集めて何度も協議を重ね、アドバンスさんも何度も集会を開いて地権者の一人一人が納得できるまで話し合いを重ねたんです。そんな話し合いが、アドバンスさんが最初に訪ねてこられた2013年の6月からその年の終わりまで続き、ようやく土地の売却が完了しました。

それから半年たって『ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅰ』『ソーラーオーナーズ茨城・笠間Ⅱ』が動き始めたんですね。係争地だった時代から、本当に長い時間がかかりました。これまでにどれだけ町長が変わったかわからないくらいです。何十年に及ぶ係争をアドバンスさんが解決してくれたんです。本当に感謝の気持ちでいっぱいですね。

地権者が集まる集会では社長さんも何度か来ていて、テキパキと動いてみんなを取りまとめていたことを思い出します。工事も完了して、すでに稼働し始めていますから、社員の方も頻繁に来られるということはなくなりましたが、それでも近くに来られるときは顔を出してくれます。この地域は一年中野菜や果物が取れますし、秋には自慢の栗や柿が実ります。担当してくださった社員の方は、家族を連れておいでになりますね。"茨城の実家"なんて呼んでくれて、家族ぐるみのお付き合いなんです。今日も来るのかなぁと蜜いっぱいの林檎、梨に柿、蒸した栗を用意して待っていたんですよ(笑)。帰りにはいっぱい持っていってください。

地域に対してもきちんと形を作ることができましたし、長年の悩みの種が解決したこともあり、九州に温泉旅行にも出かけてきたんですよ。アドバンスさんにお任せし、これから20年、いやそれ以上に長く続く関係であればありがたいですね。

プロフィール

野口 豊 氏

野口 豊

「ソーラーオーナーズ笠間Ⅰ」「ソーラーオーナーズ笠間Ⅱ」の開発にあたり、地主取りまとめ役として地域の地権者の方々の調整を行う。