アドバンス通信 on WEB

ソーラーオーナーズ
インタビュー

村沢義久の
ソーラービジネス
最前線

開発現場から
とっておきの話

こだわりメンテナンス

小水力発電開発日記

こだわりメンテナンス

太陽光パネルにメンテナンスを、という概念がなかったことに着目したのがアドバンスのメンテナンスサービスのはじまりです。普段は目につかない場所にあるものだからこそ、安全には万全の体制を整えて、不測の事態にも素早く駆けつけ、安心というサービスをお届けします。

こだわりメンテナンス

一つひとつのソーラー分譲地に
監視用のウェブカメラを設置

アドバンスはすべてのソーラー分譲地にウェブカメラを設置し、分譲地の様子をウェブサイトから確認できるよう設備を整えることにしました。きっかけは2014年2月の大雪です。あのような大雪が降りましたが、幸いなことにソーラーパネルには大きなトラブルもなく、まったく発電しない日があったにも関わらず2月も提案値を上まわる発電を行うことができました。ただ、お客様から「大雪が降っているけれど大丈夫?」という心配の連絡をいただいたこともあり、ウェブカメラの設置という対策を施すことを決意したのです。

これまでウェブカメラを設置していなかった理由はいたってシンプル。それは〝期待に応えるメンテナンスを行っているので、すべて任せていただきたい!?という想いがあったためです。しかし、あのようなことがあると、やはりお客様としては、ご自身の目で状況を確かめたいという心情になるのも自然の流れだと解釈いたしました。ウェブカメラは、各分譲地に設置して現地の状況を確認できるようにする予定です。発電量については、いままでどおりウェブからパワコンの状況を確認していただくことでチェックが可能です。

ウェブカメラは分譲地の敷地内への設置となりますが、一日中、ソーラーパネルに影が落ちない場所を探して、そこに取り付ける予定です。カメラは首が動くタイプを採用、なるべく広い視野が確保できるものを検討中しています。設置に当たって、電源をどのように確保すればいいか、カメラ自体に雪が積もったらどうするか、など課題もありますが、近いうちに実現予定です。お客様に、より納得していただけるために…。ウェブカメラの設定により、より大きな安心をお届けしたいと考えています。

設置予定のウェブカメラ
透明性を高めてより視認性を高める…。ウェブカメラの設置で安心をお届します