開発現場から とっておきの話

ソーラーオーナーズ
インタビュー

村沢義久の
ソーラービジネス
最前線

開発現場から
とっておきの話

こだわりメンテナンス

小水力発電開発日記

開発現場からとっておきの話 月報より Vol.3 記録的な積雪があっても、ソーラーパネルに故障なし。発電量も提案値以上を記録!

2014年2月、日本は各地で大雪に見舞われました。とくに関東・甲信越・東北地方では秩父で98センチ、甲府市で114センチなど記録的な積雪。30年に一度と言われる異常気象となりました。「こんなに雪が降ってソーラーオーナーズの発電状況は大丈夫?」、お客様よりそういったお声をいただいたこともあり、今回は群馬県沼田市のソーラーオーナーズ群馬・沼田Ⅰの事例についてご紹介します。沼田市も2月15日に積雪80センチを観測するなど過去に経験したことがないほどの大雪に。沼田?のソーラーパネルをすっぽりと雪が覆いました。アドバンスは大雪のトラブルも回避できるよう、あらかじめパネル傾斜を20度に設定しています。しかしそのときの雪は想定を超えており、地面にも雪が積もりすぎたために雪の落ちる場所がなく、パネルから雪が落ちないという事態になりました。このようなこともあり、2月にはまったく発電できない日もありましたが、それでも月間で換算すると、そんな2月でも提案値を上まわる発電量を記録することができました。

これは、もともと雪の影響などを考えて、あらかじめ提案値を低く設定しているからこそ。想定外の天候の崩れがあっても、提案値を下まわるようなことがないよう予め準備しているのです。また、架台は雪が2メートル積もってもその重量に耐えられるよう設計されています。そのような配慮により、他社ではパネルが壊れる事故も起きていたようですが、アドバンスのソーラーパネルは無事に稼働を続けることができました。

ソーラーオーナーズ沼田Ⅰ

1kWあたりの推定年間発電量:1,137kWh

初年度2月の沼田Ⅰの発電量

初年度2月の沼田Ⅰの発電量

初年度の月次売電収入予測(当社提案)149,451円 → 実績売電収入(2014年2月)176,475.6円

2月は雪が積もってまったく発電できなかった日が2日間もあったにもかかわらず、提案値を上まわる発電を行うことができました。これは、提案値より売電価格が下がってしまわないように、あらかじめアドバンスの安全率を低めに設定しているためです。候が悪くてもお客様にがっかりさせない。そんな提案をアドバンスは行っています。

記録的な大雪が沼田Ⅰのソーラーパネルをすっぽりと覆う。

記録的な大雪が沼田Ⅰのソーラーパネルをすっぽりと覆う。2月8日、15日は発電量は0kWhだった。

大雪が降っても大丈夫。アドバンスの安心設計!

ソーラーパネルを設置するときに大切にしていること。それはお客様に20年間の発電をお約束するパネル設置環境の構築です。予測のできない気象のリスクを筆頭に、あらゆる可能性を検証しながら、ソーラーパネルの設置場所や設置方法の検討を行っています。

安心設計 1
手堅い提案値

アドバンスは気象条件に応じて月ごとに発電量の提案値を変更。提案値を下まわってお客様をガッカリさせることのないよう努めています。

安心設計 2
飛散防止の金具

アドバンスは前身が屋外広告を手がける会社であったため、ソーラーパネルの設置にもその技術力を発揮。パネルを金具で固定しており頑丈です。

飛散防止の金具

安心設計 3
約20度の傾斜

一般的に、パネル傾斜は5~10度でパネル同士の間隔も狭いもの。しかしアドバンスは約20度の急傾斜で通路スペースも広々と確保しています。

約20度の傾斜

安心設計 4
高さのある架台

架台は設備費がかかるため一般的には低めにつくりがちです。しかしアドバンスは80センチ以上の高さに設置、メンテナンスを重視しています。

高さのある架台

大雪を目の当たりにして、アドバンスがさらに進化!

とくに大きな問題はなかったとはいえ、大雪を目の当たりにしてアドバンスは考えました。「これ以上の大雪が降ったときにも、対応できるようにしておかなくては!」。そこで、寒冷地に設置するソーラー分譲地についてはさらなる対策を講じることにしました!

対策 1
雪の集積所をあらかじめ設置

大雪が降ると除雪して、雪をどこかに置いておかなくてはいけません。新しくつくる分譲地には敷地内に雪の集積場所を確保します。

対策 2
架台をさらに上げる

通常架台は最低地上高120cmで設置するところを、寒冷地では雪対策として150cmに!!

対策 3
引き抜けるフェンスを採用

開閉式のドアだと、大雪のときにフェンスが開かず敷地に入れません。そこでクレーンで引き抜けるタイプのフェンスを採用して出入りを確保します。

引き抜けるフェンスを採用

尾高智明
今回の報告者
尾高智明
主に管理業務と土地開発業務を担当しています。茨城県笠間市の農地転用、千葉県香取市の林地開発と行政への申請関係に手こずる今日この頃です。1週間のほとんどを役所に入り浸り過ごしています。お固い方が多く交渉も大変ですが、持ち前の明るさで今日も元気に対応中です!